食物繊維を知ることでキトサンがどれだけ優れているものなのかを知ることができます

食物繊維というと、どういった印象を持っているでしょうか。例えば、芋に多く含まれていて便秘改善に役立つだとか、ゴボウに多く含まれていて、美容効果があるだとか。何となく、食物繊維は食べた方がいいと考える人が多いと思います。

■食物繊維の歴史を考える
もしかしたら、ひと昔前の栄養学を勉強された人は記憶にあるかも知れませんが、食物繊維は不要なものと位置付けられた時代がありました。それは、腸内で消化されずに便といっしょに出ていくだけの存在と考えられていたからです。それから栄養学が進み、便の排泄の手伝いをする役割を持つといわれるようになりました。

腸内を刺激することで、女性の大敵である宿便対策になることが解ってきたのです。その頃から、便秘改善など食べないよりは、食べた方がよいとされてきました。そして、今では、第六の栄養素と順位付けされるくらい重要な役割が発見されているのです。

ちなみに、五大栄養素をご存知でしょうか。たんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラル。どれも有名で知らない人はいないのではないでしょうか。そんな有名な五大栄養素に続く、第六の栄養素が食物繊維なのです。

■さらに注目される栄養素
食物繊維といえば、芋、ゴボウ、大根、ニンジン、その他も含めて、多くの野菜を食べればよいというイメージがあります。これは、植物性の食物繊維が有名で、もちろん健康に重要な影響を与えます。ただ、動物性の食物繊維も同じくらい重要な影響を与えるにも関わらず、どうしても認知度が低いのが現状です。

中には、繊維に動物性とか、食物性とかあることすら知らないと言う人も少なくありません。例えば、キトサンのようなカニやエビの殻に含まれているものは、全くイメージにないのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ